文化遺産オンライン

高山寺山門

作品概要

高山寺山門

写真 / 明治

横山松三郎撮影

明治5年(1872)

鶏卵紙、ステレオ写真、台紙付写真

7.8×7.1(8.4×17.1)

1枚

銘文:裏:栂尾高山寺山門(鉛筆)

重要文化財

明治14年(1881)に焼失した高山寺の仁王門。現在は高山寺の表参道に礎石のみが痕跡をとどめる。鎌倉時代に記された『高山寺縁起』に拠れば、ここには仏師湛慶作の仁王像が安置されていた。この写真でも仁王の姿がかろうじて確認される。

高山寺山門をもっと見る

横山松三郎撮影をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

写真 / ステレオ / 松三郎 / 撮影

関連作品

チェックした関連作品の検索