文化遺産オンライン

漢陽寺庭園

かんようじていえん

概要

漢陽寺庭園

かんようじていえん

庭園 / 昭和以降 / 中国・四国 / 山口県

山口県

昭和時代

登録年月日:20211011
管理団体名:

登録記念物

昭和40年代に作庭家の重(しげ)森(もり)三(み)玲(れい)(1896~1975)が禅宗寺院に造った庭園。水の流れを主体とする「曲(きょく)水(すい)の庭」、枯(かれ)山水(さんすい)の「地(じ)蔵(ぞう)遊(ゆう)化(げ)の庭」、石組と池(ち)泉(せん)を中心とする「九(く)山(せん)八(はっ)海(かい)の庭」など、大きさや様式の異なる複数の庭園から成る。

漢陽寺庭園をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

庭園 / / ていえん / 石組

関連作品

チェックした関連作品の検索