Inubushikejuutaku Higashigura

犬伏家住宅 東蔵

Details

Inubushikejuutaku Higashigura

犬伏家住宅 東蔵

住居建築 / 中国・四国

徳島県

昭和/1933

土蔵造、建築面積四八・二二平方メートル、二階建、本瓦葺

1棟

徳島県板野郡藍住町東中富字大塚傍示二番地一

重文指定年月日:20201223
国宝指定年月日:

重要文化財

犬伏家住宅は,吉野川下流域の北岸に建つ。藍の取引により財を築き,江戸時代後期から薬の製造・販売を営んだ。
吉野川の改修工事で敷地の一部が堤防用地となったため敷地を造成し,昭和6年から20年までに全体を建て替えた。
全体は和風で,応接室のみ洋風とする。主屋の二階を積極的に居室化し,平面計画や構造技術においても近代的特徴を示す。周囲より一段高く宅地を造成し,主屋を中心に土蔵群で囲む屋敷構えや,本瓦葺の多用など当地域の伝統を継承している。設計士と地元大工の協力によって作り上げた上質な近代の和風住宅として重要である。宅地内の井戸等のほか,土地を併せて指定して保存を図る。

Related Works

Search items related to work chosen