文化遺産オンライン

洲さき 客間棟

すざき きゃくまとう

作品概要

洲さき 客間棟

すざき きゃくまとう

昭和以降 / 中部 / 岐阜県

岐阜県

昭和

木造、建築面積369.42㎡、二階建、鉄板葺一部桟瓦葺

1棟

岐阜県高山市神明町4丁目14番地

重文指定年月日:20220920
国宝指定年月日:

重要文化財

洲さきは、国選定の重要伝統的建造物群保存地区である高山市三町に建つ料亭で、伝統的な食文化を通して、高山の文化芸術の一端を支えてきた。地区最古となる寛政6年(1794)の町家の表構えを残しつつ、棟の切上げ等で2階の拡充を図った主屋と、地元大工によって昭和前期までに整えられた、端正な意匠の座敷を持つ客間棟は、高山の町家及び商業施設の近代の発展過程をよく示す。地域の特色を良好に伝える近代和風建築として、歴史的な価値を有している。

洲さき 客間棟をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

高山 / 伝統 / 近代 / 地区

関連作品

チェックした関連作品の検索