Banryuukyo

盤龍鏡

Details

Banryuukyo

盤龍鏡

考古資料

中国・西晋時代 4世紀

青銅

13.7

1面

内側には2匹の龍が右回りにうねっている姿が描かれている。また、その周囲には銘文がめぐっており、「陳□氏」がこの鏡を作り、保有する者は高位に就き、富に恵まれるといった内容が記されている。日本列島では出現期の前方後円墳に出土が見られるが、中国では華北から東北地方にかけて分布の集中が見られる。

Search by Banryuukyo

Search by 九州国立博物館

Keywords

/ 古墳 / Kofun / 船山

Related Works

Search items related to work chosen