ラズム・ナーマ らずむなーま

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / その他アジア 

ムガル派
制作地:インド
16世紀末
紙に水彩、インク、金彩
1枚

 インドでは、インド神話や、シヴァ神、ヴィシュヌ神などのヒンドゥー教の神々、王の肖像や歴史的なエピソード、男女の恋愛などさまざまなテーマを緻密なタッチと鮮やかな色彩で描いた、細密画とよばれる絵画のジャンルが発達しました。多民族国家であるインドでは、細密画の表現も地域によってさまざまで、それがまた魅力であるともいえます。
 『ラズムナーマ』とは、インドの叙事詩【じょじし】である『マハーバーラタ』のペルシャ語訳です。ペルシャ語でラズムは戦争、ナーマは物語をそれぞれ意味します。ムガル王朝の第3代皇帝であったアクバルは、1574年にイスラム教とヒンドゥー教の融和を図るために、インドの叙事詩【じょじし】である「マハーバーラタ」をペルシャ語に翻訳させました。手書きの写本が作られ、華麗な挿絵が付けられました
 『ラズムナーマ』の第1次の写本は1584年から1586年の間に、そして第2次の写本は1598年から1599年の間にできあがりました。この作品の製作年代が16世紀末であることと、『ラズムナーマ』の第1次写本、第2次写本の製作時期を合わせて考えてみますと、この作品が初期の写本に近い貴重な作品であることがわかります。

作品所在地の地図

関連リンク

ラズム・ナーマチェックした作品をもとに関連する作品を探す

アクバル帝胸像
アクバル帝胸像

ビーカーネール派

マールワール王ジャスワント・シング立像
川岸で音楽を楽しむ女たち
川岸で音楽を楽しむ女たち

ムルシダーバード派

雄鶏を射る王子(ヴィバーサ・ラーギニー)
ゴーヴァルダナ山を持ち上げるクリシュナ
ページトップへ