文化遺産オンライン

人面装飾付注口付壺形土器残片

じんめんそうしょくつきちゅうこうつきつぼがたどきざんぺん

作品概要

人面装飾付注口付壺形土器残片

じんめんそうしょくつきちゅうこうつきつぼがたどきざんぺん

考古資料 / 縄文 / 北海道

出土地:北海道北斗市茂辺地出土

縄文時代(後期)・前2000~前1000年

土製 6.0cm(タテ)×3.6cm(ヨコ)

長6.1

1個

重要文化財

茂辺地(もへじ)は函(はこ)館(だて)湾の西岸、茂辺地川沿いの縄文時代中期から晩期にかけての北海道を代表する縄文時代の遺跡です。人や動物が表現された土器が一つの遺跡から出土するのは数点というのが一般的ですが、本遺跡はこれらが複数見つかったという点で極めて稀な遺跡です。

人面装飾付注口付壺形土器残片をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

茂辺地 / 北斗 / 縄文 / 遺跡

関連作品

チェックした関連作品の検索