文化遺産オンライン

賀来飛霞植物写生図 植物・昆虫図 山桜に蝶・蛾

かくひかしょくぶつしゃせいず しょくぶつ・こんちゅうず やまざくらにちょう・が

作品概要

賀来飛霞植物写生図 植物・昆虫図 山桜に蝶・蛾

かくひかしょくぶつしゃせいず しょくぶつ・こんちゅうず やまざくらにちょう・が

絵画 / 明治 / 大分県

賀来飛霞  (1816~1894)

かくひか

大分県

江戸時代後期~明治時代

額装 / 紙本着色

26.4×37.2㎝

1点

豊後高田(現大分県豊後高田市)生まれの本草学者、賀来飛霞の描いた動植物写生図。本草学に必要な絵の手ほどきを受け、その後京都で研究を行った。山桜やそれに集う蝶や蛾などの虫が描かれている。蝶や蛾は羽の文様や触覚、頭、胸、腹などの構造も細かく描かれており、飛ぶ様子も生き生きと描かれている。

関連作品

チェックした関連作品の検索