瀧廉太郎(ピアノを演奏する廉太郎) たき れんたろう

写真 / 明治 

明治時代
紙 現像
1枚

ドイツ留学を前に東京音楽学校で開かれた送別会でピアノを演奏する廉太郎。ピアニストとして高い評価があったこの頃は、作曲の面でも才能を発揮し、「四季」や「荒城の月」などの代表作が誕生した時期でもある。

作品所在地の地図

関連リンク

瀧廉太郎(ピアノを演奏する廉太郎)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瀧廉太郎 (在独留学生による送別会)
瀧 廉太郎(廉太郎と東京音楽学校の教え子)
瀧 廉太郎(留学出発前の廉太郎)
瀧 廉太郎(音楽学校入学当時の廉太郎)
瀧 廉太郎(廉太郎と東京音楽学校の友人)
ページトップへ