真野20号墳出土金銅製双魚袋金具 まのにじゅうごうふんしゅつどこんどうせいそうぎょたいかなぐ

考古資料  金属製品類 / 古墳 / 日本 

古墳時代後期 6世紀
金銅
長さ23
員数1
鹿島町 真野20号墳
県指定重要文化財

2匹の魚が腹を合わせる意匠が表現されています。鱗や鰭は小さな工具によって打ち出され、目の部分は表から打ち抜かれています。全国的に見ても例が少ない遺物で、用途としては、太刀の把を飾る金具とする説が有力です。

作品所在地の地図

関連リンク

真野20号墳出土金銅製双魚袋金具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

真野古墳群
双龍環頭大刀
忍冬唐草文鏡板(奈良県珠城山第三号墳出土)
金銅製帯金具残片
弁財古墳 金銅鏡板付轡
ページトップへ