黒書院二の間東襖南より3

日本画 / 江戸 / 京都府 

狩野派
かのうは
京都府
江戸時代
)縦217×横164.5
京都市中京区
収蔵場所:収蔵庫 部屋名:黒書院二の間 方角:東 内容:樹木、花弁、その他植物、水・雪、垣
元離宮二条城
重要文化財

左方から伸びる網代垣に続き、その奥に竹垣が右方へ伸びる。この垣根に呼応するように、二本の八重桜の木が満開の枝を右方へと伸ばしている。その下にはたんぽぽや董、紅白の躑躅が咲き競い、竹垣の右方には鸚鵡のような緑色の珍しい鳥も見られ、つがいの雉子や小鳥も集う。垣根の向こうには画面を横切るように水が流れており、画面にゆったりとした雰囲気を生み出している。黒書院の障壁画の中でも最も情趣豊かな華やかな春の情景を生み出している。

作品所在地の地図

関連リンク

黒書院二の間東襖南より3チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒書院二の間東襖南 全図
黒書院二の間東襖南より2
黒書院二の間東襖南より4
黒書院二の間東襖南より1
黒書院一の間東天袋1・2
ページトップへ