黒書院三の間南長押上貼付西より1

Details

黒書院三の間南長押上貼付西より1

日本画 / 江戸 / 日本

狩野派

かのうは

京都府

江戸時代

縦155×横224

京都市中京区

収蔵場所:収蔵庫 部屋名:黒書院三の間 方角:南 内容:樹木、雲、水・雪

元離宮二条城

重要文化財

南側襖の松鷺図は、西側の襖からわずかに続く流水が向かって右方に描かれ、左へ展開していくにしたがって、根笹やその間から竜胆の花が顔を出す。そこからさらに視線を左へ移すと、この南側襖の構図の重重心となる松の樹が現われ、左方の松は金雲でその部分を隠す等の変化がみられ、さらにその足元に目を移すと、再び根笹や竜胆が顔をみせ、そこには満開のものや盛りを過ぎて頭を下げたもの等といったような変化を見せてくれる。南側長押上の浜松図は右から左へ鋭角的に続く水平の岬と、上へ伸びる垂直の松とが対照的な横図をとり、松鷺図に比べ細密な手法で描かれている。

Related Works

Search items related to work chosen