黒書院二の間北長押上貼付

日本画 / 江戸 / 京都府 

狩野派
かのうは
京都府
江戸時代
縦125.7×横175.7
京都市中京区
収蔵場所:収蔵庫 部屋名:黒書院二の間 方角:北 内容:樹木、花弁
元離宮二条城
重要文化財

一の間よりも一間分広くなっている北側壁面には、東側の襖から連続した図様が展開している。網代垣の端が見え、背後には桜の木が大きく描かれている。その梢は長押上小壁貼付へと続く。ここにも桜の幹に止まる二羽の鳩等の小鳥が描かれ、一間という狭い画面を長押上小壁と連続した図様の展開を見せることで、東側に描かれている春の盛りの情景をさらに引き立てている。

作品所在地の地図

関連リンク

黒書院二の間北長押上貼付 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒書院二の間北貼付
黒書院二の間西長押上貼付南より3
黒書院二の間西長押上貼付南より2
黒書院二の間西襖南より6
黒書院二の間西襖南 全図
ページトップへ