文化遺産オンライン

無量寿如来像

むりょうじゅにょらいぞう

概要

無量寿如来像

むりょうじゅにょらいぞう

金工 / 平安 / 和歌山県

出土地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山出土

平安時代・12世紀

銅製 鋳造 鍍金

1軀

曼荼羅には金剛界と胎蔵界がある。その一つ金剛界曼荼羅は九つのブロック(会)(え)から構成されている。この一群の仏像と三昧耶形(さまやぎょう)は、そのうちの成身会(じょうじんえ)を立体的に表したもので、他に例を見ない。三昧耶形は仏の持物や印相でその仏を象徴的に示したものである。

無量寿如来像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

那智山 / 和歌山 / Wakayama / 那智勝浦

関連作品

チェックした関連作品の検索