一宮市尾西歴史民俗資料館

江戸時代、美濃路の宿場町として栄え、その後織物の町へと変化発展してきた旧尾西市域の歴史を、1「河戸のある町場」2「渡し場のある宿場」3「機音のする町で」4「伊吹おろしのもとつちにまみれて」の4つのテーマのもとに模型やDVDなどの映像とともに各種の資料を展示している。年数回地域に根ざした特別展やコーナー展示や貸ギャラリー展示を実施している。また、各種文化講座や出版物の発行も行っている。
所在地〒494-0006 一宮市起字下町211
問い合わせ0586-62-9711
代表電話番号0586-62-9711
ホームページhttp://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/index.html
館内案内9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日(土日を除く)、年末年始(12月28日~1月4日)
交通案内JR東海道本線「尾張一宮駅」もしくは名古屋鉄道名古屋本線・尾西線「名鉄一宮駅」下車、名鉄バス②乗り場から「起(おこし)」行きバスで約20分、「起」下車、徒歩約5分(バス停を西へ進み、木曽川堤防道路手前角「まると花嫁衣裳店」を左折、約300m。)

所在地の地図

ページトップへ