姫路文学館

姫路文学館は、姫路を中心とした播磨地方ゆかりの文人たちを顕彰し、資料の収集、調査、研究を行うとともに文学活動の拠点となることを目的として、1991年4月に開館しました。世界文化遺産・国宝姫路城の北西に位置し、建築家安藤忠雄氏により設計されています。北館には和辻哲郎や椎名麟三ら九人の文人を紹介する常設展、南館には司馬遼太郎記念室などがあります。年3回の特別展や、講座、和辻哲郎文化賞の選定、出版活動、レファレンス事業などを実施し、多彩な情報の発信につとめています。
所在地〒670-0021 姫路市山野井町84番地
問い合わせ079-293-8228
代表電話番号079-293-8228
ホームページhttp://www.city.himeji.hyogo.jp/bungaku/
館内案内午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日毎週月曜日(ただし月曜日が祝日または振替休日の場合は翌日に休館)、休日の翌日、年末年始(12月25日~1月5日)
交通案内JR・山陽電車姫路駅より市バス6・8・9番系統、神姫バス11・12番系統に乗車約7分、「市之橋・文学館前」下車北へ徒歩3分。
土・日・祝日は、城周辺観光ループバス運行。「清水橋(文学館前)」下車、西へ徒歩3分。

所在地の地図

ページトップへ