タキカワカイギュウ化石標本 たきかわかいぎゅうかせきひょうほん

地質鉱物 / 北海道 

北海道
1
滝川市美術自然史館 滝川市新町2丁目5番30号
滝川市美術自然史館 0125-23-0502
北海道指定天然記念物

・この化石は、昭和55年(1980)8月に滝川市内を流れる空知川の河床から発見され、調査の結果、新種の海牛であることがわかりました。
・タキカワカイギュウは、今から500万年前(前期鮮新世)滝川がまだ海だったころに生息したジュゴンの仲間です。体長は約8メートルあり、歯をもたず、やわらかな海藻を食べていました。
・同じ地層からは、タカハシホタテをはじめ23種類の貝化石が確認されていますが、いずれも冷たい海にすむ貝の仲間であることから、当時の海は冷たい海流が流れていたことがわかります。また、花粉の化石にはブナやスギの仲間が多く見られ、陸上は現在よりもやや温暖・湿潤であったことを示しています。

関連リンク

タキカワカイギュウ化石標本チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群
エゾミカサリュウ化石
木下貝層
野尻湖産大型哺乳類化石群(ナウマンゾウ・ヤベオオツノジカ・ヘラジカ)
アロデスムス頭骨の化石
ページトップへ