エゾミカサリュウ化石 えぞみかさりゅうかせき

天然記念物 / 北海道 

北海道
三笠市幾春別錦町1-212-1
指定年月日:19770716
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 昭和51年6月三笠市幾春別川上流で転石として発見された頭部化石で、中世代白亜紀後期のティラノザウルス科に属する新属新種のものと考えられる。化石は長さ30センチ、高さ22センチ、幅18センチで、左目あと、左10本、右7本の歯等から体長約7メートル、体高約3メートルほどの中型恐竜と推定される。わが国ではじめての肉食陸上恐竜の化石であり、学術上の価値はきわめて高い。
※その後の研究の進展により,現在では海棲ハ虫類の化石と考えられている。

作品所在地の地図

関連リンク

エゾミカサリュウ化石チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ヌマタネズミイルカ化石
歌津館崎の魚竜化石産地及び魚竜化石
タキカワカイギュウ化石標本
ケナガネズミ
マチカネワニ化石
ページトップへ