勝山恐竜化石群及び産地 かつやまきょうりゅうかせきぐんおよびさんち

その他の画像全4枚中4枚表示

地質鉱物 / 中部 

福井県
福井県勝山市
指定年月日:20170209
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

福井県勝山市北谷町で産出した恐竜化石と,その産地である手取層群北谷層に設けられた恐竜発掘露頭である。手取層群は福井県,石川県,富山県,岐阜県に分布し,中生代ジュラ紀中期から白亜紀前期(1億7千万年~1億年前)にかけての地層から成る。中生代の化石が良好な保存状態で産出することで知られ,中でも勝山市の恐竜発掘露頭は日本有数の恐竜化石産地である。福井県では,平成元年(1989)から本格的な化石調査を開始した。恐竜化石(フクイラプトル,フクイサウルス,フクイティタン,コシサウルス,フクイベナートル)は,その調査によって発見されたもので,現在は福井県立恐竜博物館で所蔵されている。標本はいずれも新種記載されたもので,全身の約70%以上の骨格化石がそろう標本があるなど,保存状態が極めて良好であり,産出種と保存状態は日本を代表するものである。またその産地から得られた動植物の化石などから,恐竜時代の環境も明らかにされており,学術上重要な標本とその産地として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

勝山恐竜化石群及び産地チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群
歌津館崎の魚竜化石産地及び魚竜化石
エゾミカサリュウ化石
手取川流域の珪化木産地
犬吠埼の白亜紀<BR/> 浅海堆積物
ページトップへ