観音寺築地塀 かんのんじついじべい

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 関東 

東京都
江戸/1830-1867
練塀、瓦葺、延長37.6m
1基
東京都台東区谷中5-8-28
登録年月日:20000428
宗教法人観音寺
登録有形文化財(建造物)

観音寺は明和9年(1772)の火災で灰燼に帰した後,文政年間頃に再興された。築地塀は境内の南面を画する延長37.6mのいわゆる練り塀で,瓦と粘土を交互に積み重ねて造り,潜り戸一所を備える。浅草と並ぶ江戸有数の寺町であった当時の面影を伝える。

作品所在地の地図

関連リンク

観音寺築地塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

清浄光寺石垣及び築地塀
佐藤家住宅築地塀
丸岡家住宅長屋門及び築地塀
藤岡家住宅築地塀
慈願寺表門及び築地塀
ページトップへ