栗原家住宅門柱及び塀 くりはらけじゅうたくもんちゅうおよびへい

住居建築 / 昭和以降 / 関東 

東京都
昭和前/1937
正門 石造、間口2.5m 裏門 石造、間口2.2m 塀 石造、総延長51m 擁壁 石造、総延長52m
1基
東京都新宿区中井2-1981-1
登録年月日:20150326
登録有形文化財(建造物)

敷地東面中央の客用入口及びその北寄りの勝手口に建つ門柱と、東、南、西の三面を区画する大谷石積の塀である。敷地が斜面地であるため、高低差がある境界部は擁壁を兼ねた構造とする。門柱はいずれも花崗岩製で、特に客用入口は階段上に立ち、風格を備える。

関連リンク

栗原家住宅門柱及び塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

塚﨑家住宅門及び塀
日高家住宅門及び塀
旧矢中家住宅擁壁及び横井戸
学習院正門
志村家住宅門及び石垣
ページトップへ