文化遺産オンライン

お茶の水女子大学表門

おちゃのみずじょしだいがくおもてもん

概要

お茶の水女子大学表門

おちゃのみずじょしだいがくおもてもん

近代その他 / 昭和以降 / 関東

東京都

昭和前/1936/1955改修

門 鉄筋コンクリート造門柱2基、間口7.2m、左右通用門付 塀 鉄筋コンクリート造、総延長13m

1基

東京都文京区大塚2-35

登録年月日:20080307

国立大学法人お茶の水女子大学

登録有形文化財(建造物)

敷地北辺の中央、通りに面して建つ。門柱一対と左右の脇柱、鉄扉、塀からなり、鉄筋コンクリート造の表面に万成石を貼る。間口7.2m、門柱の高さ4.1m、塀の高さは3.2mである。幾何学的意匠を基調とし、当初の灯具や塀開口部のグリルなども良好に残る。

関連作品

チェックした関連作品の検索