太刀〈銘来国光/〉 たち〈めいらいくにみつ〉

その他の画像全5枚中5枚表示

工芸 / 鎌倉 / 九州 

来国光
福岡県
鎌倉
鎬造、庵棟、中鋒。磨り上げながら身幅広く、華表反りの高い堂々たる太刀姿。鍛小板目肌よく約み、地沸厚くつく。刃文広直刃調に丁子互の目交じり、足葉よく入り匂深く小沸くよくつ…
身長80.6 反り3.3 元幅3.0 先幅2.2 鋒長3.2 茎長21.2 (㎝)
1口
九州国立博物館 福岡県太宰府市石坂4-7-2
重文指定年月日:19520329
国宝指定年月日:19550202
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

来国光は来国次と並んで、鎌倉末期における来派の名工であり、この太刀はその一作風を代表する名作である。豪壮雄大の作は他を圧するものがある。地刃の出来は国光の工の高さを示し、磨り上げながらも健全無比の完全さである。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘来国光/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘来国光嘉暦二年二月日/〉
刀〈額銘来国光切付銘埋忠磨上之/〉
太刀〈銘長光/〉
太刀〈銘来国光/)
太刀〈銘国行/〉
ページトップへ