太刀〈銘正恒/〉 たち〈めいまさつね〉

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 平安 / 中国・四国 

正恒
広島県
平安
鎬造、庵棟、小鋒詰まり、腰反り踏ん張りがある。鍛は小板目肌約り、地沸つき地映立つ。刃文は小乱れに足葉よく入り、小沸深く、帽子は僅かに湾れて小丸に返り、掃きかけごころがあ…
刃長77.6 反り2.6 元幅2.9 先幅1.6 鋒長2.5 (㎝)
1口
ふくやま美術館 広島県福山市西町2-4-3
重文指定年月日:19330123
国宝指定年月日:19520329
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

古備前正恒の作。腰反りの高い優雅な姿の太刀で、正恒作刀中で作風・銘など最も古調で最高の出来と評される。
蜂須賀家伝来。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘正恒/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘正恒/〉
太刀〈銘国宗/〉
太刀〈銘正恒/〉
太刀〈銘正恒/〉

古備前正恒

太刀〈銘正恒/〉
太刀〈銘長元/〉
ページトップへ