東平安名崎 ひがしへんなざき

名勝 / 沖縄 

沖縄県
宮古島市城辺
指定年月日:20070206
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

宮古島の東端に細長く突き出た東平安名崎は、琉球石灰岩のカルスト地形に固有の海岸性植物群落が展開する独特の自然環境とともに、悲恋の故に海波に身を投じた女性の伝承にまつわる美しい景勝地として知られる。
岬は延長約2kmに及び、その幅は基部から中央部にかけて約120〜180mとほぼ一定しているが、中央部から先端部にかけては200〜250mと広がりを見せる。周囲を琉球石灰岩の切り立った海食崖に囲まれ、標高約20mの平坦な上面は全体として海側に向かって迫り出し、海食崖の随所に凹地形が形成されている。岬周辺の海域は珊瑚礁に覆われ、特に岬の北東海岸には幅約380mの発達した珊瑚礁が見られ、さらにその東方海域には幅約120mの水路状の海域を挟んで、東西約2km、南北約1kmにわたり、楕円状の珊瑚礁が形成されている。海岸近くに発達した珊瑚礁の上面には、岬の急崖から崩落したものと見られる琉球石灰岩の岩塊が散在する。特に岬の先端部の周辺には、「津波石」と名付けられた最大径が6〜8mにも及ぶ琉球石灰岩の岩塊が存在するほか、東方海域の離礁上にも「パナリ」と呼ぶ巨大な岩塊が点在する。
通年の強風により高木は育たず、テンノウメ・ミズガンピ・イソマツなどの木本の群落をはじめ、グンバイヒルガオ・ハマウド・ミヤコジマソウ・ハマボッス・コウライシバなどの草本の群落など、亜熱帯地方の風衝地に特有の植物群落が見られる。とりわけ、テンノウメ群落は北東海岸の急崖部上面の縁辺を這うように生育し、その分布面積は他に類例を見ないほど大規模である。また、テンジクナスビ・ミヤコジマソウ・ミヤ…

作品所在地の地図

関連リンク

東平安名崎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

久高島の海岸植物群落
下地島の通り池
喜界島の隆起サンゴ礁上植物群落
小笠原南島の沈水カルスト地形
伊吹山頂草原植物群落
ページトップへ