陣が峯城跡 じんがみねじょうあと

城跡 / 鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山 / 東北 

福島県
中世
河沼郡会津坂下町
指定年月日:20070726
管理団体名:会津坂下町(平19・10・4)
史跡名勝天然記念物

陣が峯城跡は、福島県西部、会津盆地北西部に位置する平安末期、12世紀に営まれた城館跡である。この地は阿賀(野)川が新潟県に抜ける盆地の出入り口にあたり、城跡は盆地を東に一望する比高約20mの台地縁辺、標高約195mに立地する。地元ではこれを「ジョウノシロ」と呼称しているが、近世にはその名が知られ、会津藩が文化6年(1809)に編纂した『新編会津風土記』に、越後の豪族城四郎長茂が築城した二十八館のうちの一つであること、焼け米が出土すること、地元では長茂の居館が焼き討ちされたと伝えていることなどが記されている。
 会津坂下町教育委員会では遺跡の重要性に鑑み、平成14年度から3カ年にわたり内容確認のための発掘調査を行った。城跡は平面台形状を呈し、段丘崖である東辺をのぞく周囲は二重に堀を巡らす。内部は東西約110m、南北約175mの広さで、東に緩く傾斜するがおおむね平坦である。西辺部のみに高さ約2.5mの土塁が伴う。堀は自然の地形を利用したものと推定されるが、二本が平行し堀の間は土塁状をなすことから、人工的に整形したことが窺える。堀の規模は南北辺が西辺より大きく、幅20m、深さ15mほどもある。郭内の中央やや北よりの地点と東辺部において掘立柱建物が確認された。前者では重複した複数の建物があり、いずれも桁行五間以上の比較的大型の建物である。東辺部では多量の炭化した遺物とともに掘立柱建物が検出された。出土品は中国・朝鮮半島産を含む陶磁器類、木製品、金属製品など多様である。陶磁器類では、中国産の白磁の四耳壺4個体のほか水注、碗・皿、青白磁、高麗青磁碗など…

作品所在地の地図

関連リンク

陣が峯城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古屋敷遺跡
会津新宮城跡
高梨氏館跡
江馬氏城館跡<BR/> 下館跡<BR/> 高原諏訪城跡<BR/> 土城跡<BR/> 寺林城跡<BR/> 政元城跡<BR/> 洞城跡<BR/> 石神城跡
大島畠田遺跡
ページトップへ