浅野川大橋詰火の見櫓 あさのがわおおはしづめひのみやぐら

近代その他 / 大正 / 中部 

石川県
大正/1924/1971改造
鉄骨造、高さ11m
1基
石川県金沢市東山3-1-2先
登録年月日:20051110
金沢市
登録有形文化財(建造物)

市内に現存する最古の火の見櫓。浅野川大橋の北詰にあり,鋳鉄製銘板から,施工は市内の高田商会。手摺を含めると高さ約11m,三角形平面の鉄骨造で,柱や横材等は山形鋼を用い,筋違は鋼棒とし,一部にアーチを使い,大型鉄骨造の櫓とする。

作品所在地の地図

関連リンク

浅野川大橋詰火の見櫓チェックした作品をもとに関連する作品を探す

前野町火の見櫓
浅野川大橋
旧京橋火の見櫓
旧三井田川鉱業所伊田竪坑櫓
天神橋
ページトップへ