松室大橋 まつむろおおはし

その他の画像全2枚中2枚表示

建造物 / 大正 / 中国・四国 

山口県
大正/1920
鋼製単トラス橋、鋼製取付桁橋附属、橋長42m、幅員4.1m
1基
山口県周南市大字金峰字川本1456~大字金峰字上東松室1224
登録年月日:
周南市
登録有形文化財(建造物)

市北部の錦川上流部にかかる道路橋。下路式曲弦ポニーワーレントラス橋と鋼製単純桁橋からなり、橋台と橋脚はコンクリート造の石張とする。トラス橋は支点長30・5メートルで、垂直材を付加して補強する。大正時代の橋梁技術を伝える市内現存最古の鋼橋。

関連リンク

松室大橋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

平山橋
天竜浜名湖鉄道一宮川橋梁
長浜大橋
南河内橋
神龍橋(旧紅葉橋)
ページトップへ