徳川家康三方ヶ原戦役画像 とくがわいえやすみかたがはらせんえきがぞう

絵画  日本画 / 安土・桃山 / 日本 

桃山/16世紀
縦37.7 横21.8
一幅

家康の経験した負け戦とは三十一歳に当たる元亀三年(一五七二)十二月、三方ヶ原で起こった武田信玄との合戦である。家康は後年、この敗戦を肝に銘ずるためにその姿を描かせ、慢心の自戒として生涯座右を離さなかったと伝えられる。威厳のある堂々とした権現像とは異なり、憔悴し切った家康の表情が巧みに描かれており、別名「顰(しかみ)像」とも呼ばれている。

作品所在地の地図

関連リンク

徳川家康三方ヶ原戦役画像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紺地葵紋散槍梅文辻ケ花染小袖
徳川家康書状 将くん(秀忠)宛
紫地葵紋付葵葉文様辻が花染羽織
浅葱地葵紋散文様辻が花染小袖
龍虎図
龍虎図

陳容筆 伝牧谿筆

ページトップへ