Andonaotsuguzo

安藤直次像

Details

Andonaotsuguzo

安藤直次像

絵画 / 日本画 / 江戸 / 日本 / 近畿

 

江戸時代後期

絹本著色

縦71.8cm,横32.0cm

1幅

 安藤直次(1554~1635)は、幼時より徳川家康に仕え、姉川・長篠・小牧長久手・関ヶ原などの合戦において戦功をあげた。慶長15年(1610)には、家康の信頼のおける重臣として十男頼宣の傅役に任じられ、大坂の陣では頼宣の先陣をつとめた。元和5年(1619)に頼宣が紀伊に移ると、遠江国掛川から紀伊国田辺に付家老として封ぜられ、名草・有田・日高・牟婁四郡の内で38,800石を給された。本図は、裃姿で右手に扇を持ち、短刀を腰に差した画像である。

Search by Andonaotsuguzo

Search by  

Search by 和歌山県立博物館

Keywords

徳川 / Japan / 瑤林 / 清正

Related Works

Search items related to work chosen