徳川頼宣書状 とくがわよりのぶしょじょう

歴史資料  文書・書籍 / 江戸 / 日本  近畿 

徳川頼宣 (1602-1671)
とくがわよりのぶ
江戸時代前期
紙本墨書
縦19.2cm,横51.6cm
1幅

 紀伊藩初代藩主徳川頼宣(1602~71)が、幕府の六人衆(若年寄)を勤める朽木稙綱(1605~60)にあてた書状である。紀伊藩の付家老を勤める三浦家は、参勤交代の際は藩主に同伴するのが通例であった。本状では、江戸に滞在している三浦為時(1609~76)が「御暇」を許された際、手厚い処遇を受けたことに対する謝意と「御次之割」に対する取りなしを求める内容となっている。三浦為時が長門守を名乗る寛永13年(1636)から朽木稙綱が六人衆を辞任する慶安2年(1649)までの時期が、作成年代として想定される。

作品所在地の地図

関連リンク

徳川頼宣書状チェックした作品をもとに関連する作品を探す

徳川頼宣像(南龍公神影図)
徳川頼宣肖像
金剛盤(徳川頼宣奉納)
布袋図
布袋図

岩井泉流

竹図〈西条藩松平家伝来〉
ページトップへ