徳川頼宣像(南龍公神影図) とくがわよりのぶぞう なんりゅうこうしんえいず

絵画  日本画 / 明治 / 日本  近畿 

伝・山本養和 (1834-1917)
やまもとようわ
明治時代前期
絹本著色
縦102.7cm,横41.5cm
1幅

 紀伊徳川家・初代藩主頼宣(1602~71)の肖像画である。元和5年(1619)に、頼宣は浅野長晟(1586~1632)に替わって紀伊・伊勢55万5千石の藩主になり、和歌山城の改修や城下町の整備、家臣団・職制の充実、紀州東照宮の建立などを実施して、紀伊藩の基礎を築いた。頼宣の生前に描かれた肖像は確認されておらず、後世神格化された時期の、想像による作品がわずかに存在するに過ぎない。この肖像も、幕末明治期の画人・山本養和(1834~1917)によるものとされ、武家正装の衣冠束帯姿の頼宣を描く。ほぼ同様の肖像が、紀伊藩主の菩提寺である長保寺にも伝来する。

作品所在地の地図

関連リンク

徳川頼宣像(南龍公神影図) チェックした作品をもとに関連する作品を探す

徳川頼宣肖像
新宮城跡附水野家墓所
竹図〈西条藩松平家伝来〉
徳川頼宣書状
徳川頼宣書状

徳川頼宣

川中島合戦図屏風
ページトップへ