紀州版群書治要 きしゅうばんぐんしょちよう

歴史資料  文書・書籍 / 江戸 / 日本  近畿 

江戸時代後期刊
活版
各縦26.4cm,横18.7cm
25冊

 徳川家康が、隠居後に駿府で銅活字により印刷させた『大蔵一覧集』と『群書治要』は、駿河版と呼ばれるが、この活字は初代藩主・徳川頼宣により、和歌山に移された。幕末の弘化年間(1844~48)に、和歌山でも藩督学・山本元恒の序文を付け加えて『群書治要』が再版されており、これを紀州版という。本品は、紀州版の『群書治要』で、全冊の冒頭に南葵文庫の蔵書印が捺され、表紙に蔵書票が貼られている。なお、印刷に用いられた活字は、南葵文庫を経て、現在は凸版印刷株式会社が所有し、重要文化財に指定されている。

作品所在地の地図

関連リンク

紀州版群書治要チェックした作品をもとに関連する作品を探す

駿河版活字〈銅大字八百六十六箇/銅小字三万一千三百箇/木活字五千八百十三箇〉
徳川斉順帰国行列図
賀茂季鷹関係典籍類 附 書籍箱33合,蓋20枚
徳川茂承写真
徳川頼宣像(南龍公神影図)
ページトップへ