龍虎図 りゅうこず

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画  東洋画(日本画を除く) /  / 中国 

陳容筆 伝牧谿筆
ちんよう もっけい
南宋/13世紀
各 縦187.0 横111.8
二幅対
龍図 重文、虎図 重美

 龍は神霊な動物とされ、鳳凰、麒麟・亀とともに四霊称せられる。中でも、龍は水墨画の題材とっして、最も多く用いられている。この図は、風を起こし雨を呼ぶ龍の豪壮な神秘の力をあらわして、気韻が全面にみなぎっている図である。陳容は所翁と号した南宋時代の官人で、宝祐年間(一二五三-五八)に龍描きの名手として著名であった。虎も四神の思想に結びついた故か、水墨画の好題材としてよく描かれた。ことに牧谿筆と伝えられる虎はひときわ素晴らしく、名作が多い。図の右隅に「牧谿」の署名と白文方印がある。この二幅は文永四年(一二六七)に朝鮮から請来され、その後足利将軍家に伝来し、永禄十一年(一五六八)時の将軍足利義栄がこれを織田信長に譲ったと伝えられる。足利将軍家-足利義栄-織田信長-豊臣秀吉-木村重成-島左近-徳川家康-初代義直-と伝来した。

作品所在地の地図

関連リンク

龍虎図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

遠浦帰帆図
遠浦帰帆図

伝牧谿

紙本墨画老子像〈牧谿筆/〉
遠浦帰帆図
遠浦帰帆図

玉澗筆

布袋図・朝陽図・対月図
布袋図・朝陽図・対月図

胡直夫筆 偃渓黄聞賛 無住子筆

布袋図
布袋図

伝牧谿筆 簡翁居敬賛

ページトップへ