紙本墨画老子像〈牧谿筆/〉 しほんぼくがろうしぞう〈もっけいひつ/〉

東洋画(日本画を除く) /  / 中国・四国 

牧谿
岡山県
南宋
紙本墨画 掛幅装
縦88.9cm 横33.5cm
1幅
岡山県岡山市北区天神町8−48
重文指定年月日:20130619
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

水墨で半身の老子の姿を描く。上部に「牧谿」印、下部に室町幕府三代将軍である足利義満が用いた「道有」印が捺され、古来牧谿筆の東山御物として珍重されてきた作品である。
形式は禅宗における半身の祖師像に倣っており、晩年の筆者の自画像とする意見もある。足利義満、徳川家康、紀州徳川家という伝来を辿ることのできる作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

紙本墨画老子像〈牧谿筆/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

漁村夕照図
紙本墨画遠浦帰帆図〈(伝牧谿筆)/〉
紙本墨画漁村夕照図〈伝牧谿筆/〉
龍虎図
龍虎図

陳容筆 伝牧谿筆

遠浦帰帆図
遠浦帰帆図

伝牧谿

ページトップへ