Hoteizu

布袋図

Details

Hoteizu

布袋図

絵画

伝牧谿筆 簡翁居敬賛

中国・南宋~元時代 13世紀

紙本墨画

縦97.0 横41.5

1幅

重要文化財

中国の僧侶画家・牧谿(13世紀活躍)の作品として伝来した中国絵画で、日本では室町時代以降、足利将軍家や徳川将軍家など権力者の傍らにあって大変に珍重された。描かれた布袋は、弥勒の化身として信仰を集めた約千年前の実在の人物。中国人僧侶・簡翁居敬(13世紀活躍)による布袋の逸話を記した賛文の下方には、太鼓腹を出して笑う豚鼻の丸顔が描かれる。

Search by Hoteizu

Search by 伝牧谿筆 簡翁居敬賛

Search by 九州国立博物館

Keywords

/ / / Paintings

Related Works

Search items related to work chosen