布袋図 ほていず

絵画 / 江戸 

狩野探幽筆、天祐紹杲賛
江戸時代・17世紀
紙本墨画
本紙 縦98.6 横30.1
1幅
銘文:「我有一布袋/虚空無  礙/展開遍十方/入時観自在/布袋師自作/天祐書」 ; 落款「天祐書」、朱文壺形印「天祐」、白文方印「紹杲」 ; 「采女」

長い杖と大きな袋に歯を見せ笑う典型的な布袋(ほてい)の姿を描く。限られた筆数で的確にかたちを捉えており、席画(せきが)(人前で即興で描くこと)であった可能性もある。狩野探幽は江戸時代前期に江戸で活躍した絵師で、右下の印「采女(うねめ)」は探幽が青年期に使用した幼名。

作品所在地の地図

関連リンク

布袋図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

豊干図
豊干図

狩野益信(洞雲)筆、翠巌宗珉賛

達磨・布袋・朝陽図
達磨・布袋・朝陽図

狩野探幽/清厳宗渭

琴棋書画・四愛図屏風
琴棋書画・四愛図屏風
蝦蟇仙人図
蝦蟇仙人図

久隅胖幽

ページトップへ