柳燕図 りゅうえんず

絵画  東洋画(日本画を除く) /    / 中国 

伝牧谿筆
もっけい
南宋-元/13世紀
縦87.6 横43.9
一幅
重文

 雨滴をふくんだ数条の柳の小枝に風が吹きわたり、飛沫がとびちる。たちさわぎながら枝にしがみつく二羽の燕と、風に向かって飛び去る一羽の燕。鋭い自然観照によって把握された密度の濃い描写には、実存感がみごとに表現されている。牧谿は中国南宋時代末期の蜀出身の禅僧で、諱は法常、牧谿は号である。中国での評価はあまり高くないが、我が国では「和尚の絵」と呼ばれ、室町時代に珍重され、画人の手本としても多大な影響を与えた。五代将軍綱吉が元禄十一年(一六九八)三月十八日、尾張家麹町邸に御成の際に、二代光友が拝領した。

作品所在地の地図

関連リンク

柳燕図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本墨画柳燕図
漁村夕照図
遠浦帰帆図
遠浦帰帆図

伝牧谿

龍虎図
龍虎図

陳容筆 伝牧谿筆

竹雀図
竹雀図

伝牧谿

ページトップへ