虚堂智愚墨蹟 「与徳惟禅者偈」 きどうちぐぼくせき

歴史資料  文書・書籍 /  / 中国 

虚堂智愚筆
きどうちぐ
南宋/宝祐2年(1254)
縦30.6 横62.7
一幅
重文

 精神的基盤を禅に求めた茶の湯においては、墨蹟を茶掛けの第一とした。中でも虚堂の墨蹟は最も珍重された。大徳寺大燈国師、建長寺大応国師の法脈を遡れば、祖師に当たるが故であろう。虚堂は名を智愚、息耕と号した。育王山、径山などの名刹を暦住し、八十五歳で示寂した。この墨蹟は虚堂七十歳の時、侍者である徳惟禅者が、宝祐二年(一二五四)に諸方の仏祖の塔を巡礼するに当り、請われ与えた偈頌である。徳川家康(駿府御分物)-初代義直-三代綱誠-五代将軍綱吉-六代将軍家宣-四代吉通と伝来した。

作品所在地の地図

関連リンク

虚堂智愚墨蹟 「与徳惟禅者偈」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

与照禅者偈頌
与照禅者偈頌

虚堂智愚筆

墨蹟
墨蹟

虚堂智愚筆

写経断簡「般若波羅蜜多心経 / 伝 虚堂和尚」
虚堂智愚墨蹟〈偈語/宝祐甲寅秋〉
大燈国師墨蹟 上堂語(凩墨蹟)
ページトップへ