大燈国師墨蹟 上堂語(凩墨蹟) だいとうこくしぼくせき じょうどうご(こがらしのぼくせき)

 / 鎌倉 

14世紀 鎌倉時代
紙本墨書
縦30.7 横87.1
1幅
重要文化財

大徳寺の開祖、大燈国師(だいとうこくし)・宗峰妙超(1282〜1337)の墨蹟。「凩墨蹟」として世に知られている。内容は、宗峰の法祖父に当たる南宋の高僧、虚堂智愚(きどうちぐ)(1185〜1269)の法語を記したもの。ありのままに仏法を体得するのが一番難しい、という趣意のものである。

作品所在地の地図

関連リンク

大燈国師墨蹟 上堂語(凩墨蹟)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

宗峰妙超墨蹟 法語
宗峰妙超墨蹟 消息   
大燈国師墨蹟
大燈国師墨蹟

大燈国師

与鄱陽復道者偈頌
与鄱陽復道者偈頌

虚堂智愚筆

虚堂智愚墨蹟 「与徳惟禅者偈」
ページトップへ