大慧宗杲墨蹟〈尺牘/十二月十日才長老宛〉 だいえそうこうぼくせき

 /  / 近畿 

兵庫県
南宋
1幅
兵庫県神戸市東灘区御影郡家2-12-1
重文指定年月日:19790606
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人香雪美術館
国宝・重要文化財(美術品)

 大慧宗杲は圜悟克勤【えんごこくごん】の法嗣で、正法眼蔵(六巻)の著者としても知られている。径山【きんざん】に住し、孝宗より妙喜と大慧禅師の号を与えられ、その墨蹟は圜悟につぐ最古の遺例として珍重されている。本墨蹟は年紀はないが、晩年のものと推定されるもので、充名の才長老については詳らかにしない。
 この墨蹟の筆致は畠山記念館所蔵になる大慧尺牘(国宝)に最も近く、南宋時代著名禅僧の数少い遺墨の一つである。

作品所在地の地図

関連リンク

大慧宗杲墨蹟〈尺牘/十二月十日才長老宛〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大慧宗杲墨蹟〈尺牘/三月十一日〉
大慧宗杲墨蹟〈尺牘/十月初二日〉
大慧宗杲墨蹟〈無相居士像賛(絹本)/紹興丁丑至節前一日〉
徳敷墨蹟〈尺牘/円爾宛〉
宋版圜悟心要
ページトップへ