大燈国師墨蹟 だいとうこくしぼくせき

大燈国師 (1282-1338)
だいとうこくし
元弘2年4月5日/1332.4.5
紙本墨画
縦34.4×横103.3
1
〒310-0912 茨城県水戸市 見川1丁目1215-1
書画1
公益財団法人徳川ミュージアム
重要文化財

大燈国師とは南北朝時代の臨済宗の禅僧・宗峰妙超の諡号。播磨の人で京都大徳寺を開山した。昭和28年3月31日に重要文化財指定を受けた。

作品所在地の地図

関連リンク

大燈国師墨蹟チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大燈国師墨蹟 上堂語(凩墨蹟)
宗峰妙超墨蹟 消息   
宗峰妙超墨蹟 法語
大徳寺境内
大燈国師遺誡
大燈国師遺誡

中川 一政

ページトップへ