漁村夕照図 ぎょそんせきしょうず

絵画 /  / 中国 

牧谿
もっけい
中国
南宋時代
紙本墨画
縦33.0㎝ 横112.6㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-1
根津美術館
国宝

夕闇迫る漁村の風景が、多彩な水墨技法を駆使してみごとに描きだされた一幅である。湿潤な大気と明暗を宿す光の表出、ことに画面の右半分をつらぬく斜陽の表現は劇的とさえいえる。中国江南地方、瀟水(しょうすい)と湘江(しょうこう)周辺の8つの景勝を描いた「瀟湘八景(しょうしょうはっけい)図」のうちの1図。同様に足利義満の鑑蔵印「道有(どうゆう)」が捺され、法量も一致する作品が他に3幅現存し、もとは八景を備えた画巻を、義満が座敷飾りのために切断したものと考えられている。筆者の牧谿は南宋末の禅僧であるが、中国よりもむしろ日本で高く評価され、わが国の水墨画に多大な影響をおよぼした。

作品所在地の地図

関連リンク

漁村夕照図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

遠浦帰帆図
遠浦帰帆図

伝牧谿

遠浦帰帆図
遠浦帰帆図

玉澗筆

柳燕図
柳燕図

伝牧谿筆

紙本墨画老子像〈牧谿筆/〉
布袋図・朝陽図・対月図
布袋図・朝陽図・対月図

胡直夫筆 偃渓黄聞賛 無住子筆

ページトップへ