遠浦帰帆図 えんぽきはんず

絵画  東洋画(日本画を除く) /  / 中国 

玉澗筆
ぎょくかん
南宋/13世紀
縦30.6 横77.0
一幅
重文

 中国湖南省、洞庭湖に注ぐ瀟水、湘水の二川が合流する地域は、風光明媚で四季朝夕の変化に富み、山市晴嵐、遠浦帰帆、洞庭秋月、瀟湘夜雨、煙寺晩鐘、漁村夕照、平沙落雁、江天暮雪のいわゆる瀟湘八景が選ばれ、画人の好んで描くところとなった。本図は、浙江省金華出身の禅僧、若芬玉澗によって描かれた瀟湘八景図の一図で、七言絶句の自賛があり「三教弟子」印が押捺されている。義満以来の足利将軍家に収蔵された中国絵画の目録である『御物御画目録』記載の作品で、もとは画巻であったが足利八代将軍義政が能阿弥・相阿弥に命じて八幅の掛物に改装させたといわれている。この遠浦帰帆図は、足利将軍家ののち連歌師宗長、北条家、今川義元、豊臣秀吉、徳川家康、初代義直と伝来した。本図の他に山市晴嵐図(出光美術館蔵)、洞庭秋月図(個人蔵)が現存している。

作品所在地の地図

関連リンク

遠浦帰帆図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

遠浦帰帆図
遠浦帰帆図

伝牧谿

瀟湘八景図屏風
瀟湘八景図屏風

狩野尚信筆

瀟湘八景
瀟湘八景

橋本雅邦筆

四季山水図屏風
秋冬山水図屏風
秋冬山水図屏風

伝周文筆

ページトップへ