瀟湘八景図 ショウショウハッケイズ

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 室町  安土・桃山 

是庵(子建寿寅)
制作地:日本
室町~桃山
2幅

是庵(一四八六~一五八一)は相国寺の僧で、法諱は寿寅、道号を子建という。瑞渓周鳳、黙堂寿昭と次第して法を嗣ぎ、同寺の塔頭・慶雲院、北岩倉の慈雲庵に住したほか、西芳寺の住持なども務めた。画技に堪能であったが、その画風は足利義政の同朋で、絵もよくした相阿弥(?~一五二五)のそれを受けている。
中国の洞庭湖周辺の八通りの景観(瀟湘八景)を描く本図もそのひとつで、相阿弥風の柔らかい筆法が駆使されている。一幅に四景ずつを配した構成が面白い。

作品所在地の地図

関連リンク

瀟湘八景図 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

遠浦帰帆図
遠浦帰帆図

玉澗筆

遠浦帰帆図
遠浦帰帆図

伝牧谿

紙本著色山茶花小禽図
雪景山水図
雪景山水図

伝周文筆

秋冬山水図屏風
ページトップへ