瀟湘八景図屏風 しょうしょうはっけいずびょうぶ

その他の画像全6枚中6枚表示

絵画 / 安土・桃山 

長谷川等伯筆
安土桃山時代・16世紀
紙本墨画淡彩
各159.0×354.8
6曲1双

中国の湖南省洞庭湖周辺の8つの景色は、古来、画題として好まれた。広大な景観の中に、平沙落雁・遠浦帰帆・山市晴嵐・江天暮雪・洞庭秋月・瀟湘夜雨(しとしとと降る夜の雨)・煙寺晩鐘・漁村夕照というモチーフを散りばめた本作は、等伯50代半ば頃の力作。

作品所在地の地図

関連リンク

瀟湘八景図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瀟湘八景
瀟湘八景

橋本雅邦筆

遠浦帰帆図
遠浦帰帆図

玉澗筆

遠浦帰帆図
秋冬山水図屏風
雪景山水図
雪景山水図

伝周文筆

ページトップへ