紙本墨画蓮図(能阿弥筆/自詠和歌及七十五歳の款記がある) しほんぼくがはすず(のうあみひつ/じえいわかおよびななじゅうごさいのかんきがある)

日本画 / 室町 / 近畿 

能阿弥
大阪府
室町時代/1471
紙本墨画 掛幅装
縦24.7㎝ 横31.5㎝
1幅
大阪府泉北郡忠岡町忠岡中2-9-26
重文指定年月日:20160817
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人正木美術館
国宝・重要文化財(美術品)

本図は、足利将軍家に仕えた能阿弥の最晩年の小品である。能阿弥は、将軍家の書画コレクションに直接関わることのできた立場から、唐物、すなわち良質な中国宋元画に触れる機会があり、それらを研究して自らの画風を形成した。当時は、南宋の牧谿という画僧の柔らかい画風がもてはやされたが、本図はその特徴を良く示している。画中に能阿弥自作の和歌と75歳のサインが記されている。後の狩野派などにも大きな影響を与えた阿弥派の初代による最晩年の基準作として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

紙本墨画蓮図(能阿弥筆/自詠和歌及七十五歳の款記がある)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本墨画西湖図〈鴎斎筆/六曲屏風〉
紙本墨画淡彩四季山水図〈/六曲屏風〉
遠浦帰帆図
遠浦帰帆図

玉澗筆

紙本墨画老子像〈牧谿筆/〉
馬図  
馬図  

祥啓

ページトップへ