京極氏遺跡
京極氏城館跡
弥高寺跡
きょうごくしいせき
 きょうごくしじょうかんあと
 やたかじあと

社寺跡又は旧境内 / 近畿 

滋賀県
坂田郡伊吹町
指定年月日:20040227
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

京極氏遺跡は、滋賀県北東部の岐阜県との境に位置する伊吹山の南山麓に所在する戦国期北近江に勢力を張った戦国大名京極氏の城館遺跡等である。
京極氏は、近江の豪族で、近江をはじめ多くの守護職を得た佐々木氏の一族であり、南近江を領した一族の六角氏に対し、北近江を領し始祖氏信以来多くは山東町の柏原館を本拠とした。15世紀末からの一族の内紛を永正2年(1505)に収めた高清は、柏原館を廃し、伊吹山南山麓の上平寺に新たに城館を築いたのである。城館は、大永3年(1523)の国人一揆により落城するまで、戦国大名の城館として北近江の政治・文化の中心として機能したのである。京極氏遺跡は、京極氏館跡、上平寺城跡、家臣団屋敷跡及び山岳寺院を軍事的に取り込んだ弥高寺跡から構成される。
館跡は、標高340m余の山麓に位置し、上平寺館若しくは上平館と称され、その一角に当主の居住する館が60m×40mの規模で遺り、奥に2箇所の池と巨石を配する庭園跡が所在する。なお、当地には古代に起源をもつ大谷寺(上平寺)が所在し、この遺構を活かして館として整備したと考えられている。また、弾正屋敷、隠岐屋敷、蔵屋敷、厩などの地名が残り、館跡の隣接地には伊吹神社や京極氏一族の墓所などが所在している。
 上平寺城跡は、標高669mの位置に主郭を設け、苅安城、苅安尾城、桐ヶ城(霧ヶ城)とも呼ばれる。遺構は、伊吹山から南に延びる尾根の先端に築かれ、南北約450m、東西約150mの規模をもつ。最北部に大きな堀切を配し、土塁で囲まれた主郭を最高部に多くの曲輪が南に分布する。途中多くの堀切を配し、枡形…

作品所在地の地図

関連リンク

京極氏遺跡
京極氏城館跡
弥高寺跡
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

北近江城館跡群<BR/> 下坂氏館跡<BR/> 三田村氏館跡
清水山城館跡
史跡観音寺城跡
史跡観音寺城跡

佐々木六角氏

隈部氏館跡
勝尾城筑紫氏遺跡
ページトップへ