大かうさまくんきのうち〈太田牛一筆/〉 たいかうさまくんきのうち

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 江戸 / 関東 

太田牛一
東京都
江戸
1帖
東京都港区三田2-15-45
重文指定年月日:19740608
国宝指定年月日:
登録年月日:
学校法人慶應義塾
国宝・重要文化財(美術品)

綴葉【てつよう】装(五括)冊子本。本書は信長・秀吉に仕えた太田和泉守牛一が、その著「太閤軍記」(二巻)からその一部を抄出、書写したもので、慶長十五年前後の成立と推測されている。蹌踉たる筆致の中にうかがわれる謹直な書風から、あるいは需めに応じた清書本とも考えられるが、数多い太閤軍記の現存最古本で、著者の見聞をもとに秀吉の功業を記してあり、その著者自筆抄本として近世歴史・文学史上に貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

大かうさまくんきのうち〈太田牛一筆/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

狹衣(伝二条為明本)
後鳥羽院御抄〈并/〉越部禅尼消息
松浦宮物語(色紙、金銀泥下絵料紙)
長秋詠藻〈上中下/〉
周防内侍集〈藤原俊成筆/〉
ページトップへ