拾遺抄 しゅういしょう

その他の美術 / 鎌倉 / 関東 

東京都
鎌倉
紙本墨書
綴葉装冊子本
縦21.5cm 横13.3cm
1帖
東京都中央区日本橋室町2-1-1
重文指定年月日:20160817
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人三井文庫
国宝・重要文化財(美術品)

拾遺抄は,藤原公任(ふじわらのきんとう)撰になる平安時代を代表する私撰(しせん)和歌集の一つで,10世紀末の成立になる。四季・賀(が)・別(わかれ)・恋(こい)・雑(ぞう)の部立(ぶだて)で,10巻からなる。平安時代には勅撰(ちょくせん)和歌集『拾遺和歌集』より重んじられ流布していたが,中世に遡る古写本は極めて少ない。本書は鎌倉時代中期の書写になる最古写本の完本として,また和歌史上において貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

拾遺抄チェックした作品をもとに関連する作品を探す

後拾遺和歌抄〈上下/〉
後鳥羽院御抄〈并/〉越部禅尼消息
古今和歌集巻下(片仮名本)
勅撰和歌集
寂蓮無題百首
ページトップへ